スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一ヶ月ぶりの受診
2008/05/23/ (金) | edit |
今日は1ヶ月ぶりの受診でした
いつもだと、先生に会うのがウキウキと楽しみなんだけど、
昨日のこともあって、ちょっとテンションは
しかも、目が腫れてるし
ショボショボの目で病院行ってきまし
9時半の予約で、いつもならた~んと30分は余裕で待つのに、今日は
なぜかすぐに呼ばれた。珍し~い
いつものように、診察室に入って、基礎体温を見せて、3回目の
生理があったけど、4日で終ったし、痛みもないし、ちょっとしか
出血なかった~とか話して、ひさ~~~~~~~しぶりの内診をした。
こないだ排卵の様子とかみるって言ってたもんね
D10にしては、タマゴちゃんは小さいって言ってた。
けど、ちゃんとあるんだねぇ~と久々に思ったりして。
子宮内は、とってもきれいだと言ってた。安心
内診室出る時に、看護師さんに「私の友達が47歳で双子産んだよ~!
でも、ずっと入院しとったけどね(笑)」って言ってくれた。
うわぁ~~ん
なんて素晴らしいの
モチロン体外だと思うし、双子だから管理入院してたんだろうけど
そんなん関係ないくさ!って思ったね私。
私の不妊治療限度年齢40歳だったけど、涼のことで45歳って
あげてたんよね。
でも、それを上回ってるよ~すご~い
ものすごく励みになりました。
いつもありがとう、看護師さん!
そして、診察室に戻ってお話。
次回は1ヶ月後で、その後からは2ヶ月後の受診になった。
だから、6月の次は8月、その次が10月。
んで、「10月の血液検査の結果がちゃんと維持してたら
GOサインやね!」って先生が言った。
やった~~!!
手帳を見つつ、「先生私の手帳には9月に解禁って書いてますよ、鉛筆で(笑)」
そしたら、「あ~そうねぇ、まぁそれぐらいでもいいけど、今から決めてしまわんで、
その時にまた考えようね」
うん。もう先が見えてきただけでも十分だし。
決めちゃって、何かあってダメになった時がショック大きいかもしれんしね~
何かあってもらっても困るけどさ
そんな話をしながら、11月で1年か~って先生が言ってた。
そうよねぇ。12月に涼を産んだんやけ、11月になれば1年が来る。
そう考えると、早いなぁ。
すぐ夏が来て秋が来るし。
あと、私のブログに来てくれてる人にまた胎児共存の人がいて、もう22週を過ぎたんですよ~って話したら、「もう後は進むしかないけ、早く生まれんように30週は超えられるように励ましてやりね」って言ってくれた
ほんと頑張って元気な子が生まれて欲しい。

そして、構想中の胞状奇胎のHPを作るにあたって、先生に
私の奇胎の写真をもらってきた。
印刷がカラーじゃないからみづらいけど、でも十分にエグイ
載せるかわかんないけど、先生はそれはショックを受ける人もいるから
やめた方がいいかもねって言ってたし。
それより、早くとりかからなきゃだよね
よし、頑張るゾ~
スポンサーサイト
Comment
Comment list
あむさんへ!お久しぶりです。
お久しぶりです。覚えていますか?ここめいママです。
順調に回復されていて、とってもうれしいです。
私はと言うと、あれから、ずっと過酷な戦いをしております。
3月に、肺に転移が見つかり、抗がん剤治療で入退院を繰り返してしております。HCGはかなり下がっていたのですが、長くお腹の中でもたせた分だけ、体から抜けなかったのかもしれません。

病気と戦うと言うのは本当に過酷を極めます。使う薬にもよりますが、私は、臓器の転移があるため、きつい薬を使っていて、髪の毛も抜け落ち、見るに絶えない状態です。
家族や、周りの人に子育てをお願いしているので、どんなに辛くて、起き上がれないほどの嘔吐でも、一人耐えることも沢山あります。
点滴だけで、飲み食べ出来ない状態が10日ほど続き、今は、口内炎で、頬も腫上がり、しみや、ニキビ等が浮き出てきている状態です。
上の子は、ストレスで、私の入院中に、喘息発作で入院してしまった事もありました。
(聞くに堪えない話ばかりでこめんなさい)

私は、この病気になって思うのですが、この妊娠のリスクは、どっちをとっても過酷な運命をたどる確立が、本当に高いと思います。
子供が助かる?助からない?早産や、障害、母体の危険?など...どの試練が下るかはわかりませんが、どれをとっても過酷な事は確かではないかと?
ただ、どの試練にも、ご褒美が必ずついているとは思いますが。。。
私は、運命に身を任せた結果、このような事になりましたが、いい事も、悪い事も、神様から与えられたことで、受け入れるしかないと思っています。 

ずっと入退院を繰り返していると、色々な患者さんに会います。人の力では、どうする事もできない命の無念さも痛感しました。

あむさんが、共存奇胎のブログをお考えになっていると拝見致しました。

とっても悲惨な事ばかり書いてごめんなさい!でも、私のような現状になることもあるという事も参考にして欲しいです。

コメントをみると、すごーく悲惨そうに見えますが、精神的には落ち込んでいるわけではないんですよ!!この病気だと分かった時、すべてのことを覚悟し、苦労の受け入れ態勢は肝に据えましたから!!
そして、神様は
「その人が耐えられる試練だから与える」
私はそう思っています。

辛い時は、あむさんの頑張りを思い出したりもしてました。また、3クール目も頑張ってきますよー!!

(気にさわる内容だったら、削除して下さいね!長々とすいません。)
2008/05/24(Sat) 00:32 | URL  | ここめいママ #-[ edit]
覚えてますよ!
ココメイままちゃん
なんてことでしょう!?
そんなことになってるなんて・・・
改めて思いました。
胞状奇胎という病気の恐ろしさ・・・
もちろん、そうなることは妊娠して病気が発覚した時点でわかってはいたものの、他の人のHPなんかで見てわかってはいたものの、
どこかやっぱり遠いことのようでした。
改めて、自分のHCGが下がったこと、順調だったんだ!って実感させてくれました。

「その人が耐えられる試練だから与える」
本当にそうだと思いました。
いらない体験なんてないし、それで何かを
伝えようとしてるんですよね。
本当に今はきついでしょう。
でも、きっときっと素敵なご褒美あるはずですよ!!!
今日から、ココメイままちゃんのことも
涼に頼んでおきますね!
きっときっと、早く体が良くなって家族の
元に戻れますように。
遠くから祈ってるよ!
私も頑張ります!!!!
キツイ時にコメントくれてありがとうね!
今度はメールもください~!!!

俄然HPの作成に意欲がわいてきたよ!
2008/05/24(Sat) 08:00 | URL  | あむ #-[ edit]
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。