スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっという間に・・・
2008/01/27/ (日) | edit |
今日は涼の四十九日でした
遠く先のような感じで、手帳に書いていたけれど、もうその時がきてしまった。
お寺で、お経をあげてもらいました。

「なんて言ってるのか涼わかる?」なんて問いかけを心の中でしながら。
お母さんずっと泣いてて、涼は心配しちゃったかな。
ハンカチが涙と鼻水でドロドロになっちゃったよ。
涼の小さな小さなお骨は本堂のキンピカの一角にポツンと置かれて
なんでそんなとこに涼は置かれてるんだろう?とかボンヤリ思ったり。
和尚さんの法話はまったく頭に入ってこなくて、早く涼を私に返して。
ほんとに返してくれるの?
そのまま連れて行ったりしないよね??
グルグル頭の中は行ったり来たり。
まさか、入院するとはと思ってた12月7日。
そして、すぐ退院すると思ってた数日後にあんなことになるなんて。
12月10日は涼が誕生して、逝ってしまった日。
自分が壊れるのが怖くて、ブログを無我夢中で更新して。
退院して、もっと小さくなった涼と対面して。泣いて。
受け入れられなくて。泣いて、泣いての日々。
そんなことがグルグルグルグル頭の中で駆け巡る。
今だってまだまだ泣いてる。泣かなくなる日なんて多分来ないと思う。
ただ、見た目に元気を取り戻してるように見えるだけで。
そう思われるのも怖い。もう元気になったの?って思われてるようで怖い。
そんなことないのに、元気に振舞わなければと思う自分も嫌だ。
頭の中はグチャグチャで。
でも、社会復帰すると決めたんだから、そんなこと言ってられない。
きっと、涼も応援してくれるよね。
後ろ向きに考えちゃダメだよって。
お父さんお母さんのこといつも見守ってるからねって。

何書いてるんだかわけわからなくなってきた・・・
とにかく。
四十九日がなんの区切りだかわからないけど。
これからも、涼がくれた私の命を大切にしていかなきゃだよね。
身体も早く元に戻って、涼に兄弟を作ってあげなきゃだもんね。

心と身体を落ち着かせて、穏やかに笑える日。
来るかな。
お母さんはもう大丈夫だよって早く報告したいな。
もう少し、もう少しだけ待っててね。


スポンサーサイト
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。