スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子猫、その後・・・
2009/05/19/ (火) | edit |
今日もせっせと朝もはよから猫の世話~
弁当作りつつ、ミルクやって、朝ごはん食べてぇ~
あ~忙しい忙しい。
早く3兄弟がミルクから缶詰に切り替わってくれたらどんなに楽か!
ちなみにパンダ柄のぱんちゃんはもう一人でおしっこもウンチもトイレを使って出来るし、
缶詰とカリカリをバクバク食べてます
けど、3兄弟のミルクを物欲しそうに見るので時々あまりをあげてます。
とっても嬉しそうに哺乳瓶をチュッチュします。
大きいのにその姿がとっても可愛いけどおかしくて
IMG_0029_convert_20090519204509.jpg
しかも、ちょっとだけリビングで放して遊ばせると大騒ぎ状態で部屋中を駆け巡りおてんば振りを発揮します!
カナリの悪ガキです
体重も一人760グラムとダントツにデカい!
けど一向に里親も決まらず・・・ヤバイ
このままでかくなったら貰い手つかないじゃないか~
今が一番可愛いときなのに
ぱんちゃんいつでも里親行けます

そして、一番弱弱しくて体重も一番小さい白ちゃん。
IMG_0034_convert_20090519204819.jpg
白ちゃんはオスで今340グラムになりました
見た目シャム系です
甘えんぼさんでおっとりさんかと思いきや、結構キジちゃんたちをかじったりして悪さもしてます(笑)
もう歯も生えてきたってぇのに、まだミルクじゃなきゃイヤだ~と言わんばかりの顔で迫ってきます(笑)
まだまだ、里親決まらず・・・
ウチのコにしたい感じ

さて、キジちゃん1号2号!
IMG_0014_convert_20090519205552.jpgIMG_0033_convert_20090519210557.jpg
この子達だけ、職場の人が2匹一緒に貰ってくれることになってます
最初はキジちゃん1匹って言ってたんだけど、1匹じゃかわいそうだからって
2匹セットで貰ってくれることになりましたありがたや~
やっぱり一人で行くより兄弟がおったほうがいいもんね
この子らも歯が生えてきてるのに、まだチュッチュとミルク飲んでるので
離乳したら引き渡すようになってます。
いざ居なくなったら本当に淋しいだろうなぁ。
そして、一人になった白ちゃんが淋しいだろうなぁ
ぱんちゃんとは大きさも違うから一緒に出来ないし
ん~~~~困ったものだわ

さてさて。
そんな子猫たちに最近やっと近づいてくるようになったアムとチー
IMG_0041_convert_20090519211033.jpgIMG_0036_convert_20090519210945.jpg
最初は2階からピクリとも降りてこずで、どうなることやらと思ったけど
今は平気でリビングに下りてくるようになりました。
けど、ご飯はいつもの場所から玄関に変えたままです。
イヤみたい。
あと、アムはストレスで声がしゃがれちゃって、可愛い声がおっさんの声みたいになってます
相当のストレスなんだろうなぁ、アムなんて私が結婚してすぐの頃、ストレスでお腹の毛をジョリジョリなめて剥げちゃったもんね
だから、今は時間があればアムとチーにかわいいかわいいと構ってあげてます
人間の子が、二番目が生まれて赤ちゃん返りするのと同じような感じかもしれんなぁとか思いつつ。

今日も猫母さんは大変です

そうそう。
今日北九州市は定額給付金の支給が開始されました。
昼休みにダンナが弾んだ声で「振り込まれとったよ!」と電話してきました
お互い12000円何に使おうかとニヤニヤです(笑)

スポンサーサイト
ほっ、と週末。
2009/05/17/ (日) | edit |
昨日はダンナの職場の人のお見舞いに行った
ダンナと同じバイクに乗ってるんだけど、ちょっと事故があって
骨がポッキンしてしまいました
ダンナもいつも事故と隣り合わせな環境だけに、私もドキドキヒヤヒヤです
先輩は骨は折れてるけどオペも済んで、結構元気でした
土曜で先輩のお子ちゃまも来ていて、6歳のボクチンはとても元気で
ポケモンのシールを見せてくれて、とってもかわいかった
人見知りをしないボクチンとってもお話してくれて嬉しかったあむちんです。
そして、その病院の横にあるミナっていうインド料理屋さん。
DCF_0723.jpg
美味しいってんで行く前に食べてきました
ココはダンナに聞いたんだけど、実はミナって店、うちの近所にも最近オープンしたって聞いてたんだよね(笑)
けど、行ったことなかったし、中々そういうインド料理屋さんに行くキッカケってないからよかったかも(笑)
カレーが美味しいって聞いてたんで・・・
DCF_0718.jpg
870円のランチにしました。
ダンナはひき肉カレーで私はなすとじゃがいものカレー[m:67]
DCF_0721.jpgDCF_0720.jpg
インド料理屋さんだけに、ナンといただきます。
でもって、ナンはおかわりどんだけでも無料だって!
すばらしい
あと、ちっこいサラダとマンゴーラッシーがついてます
DCF_0719.jpg
マンゴーラッシーはなんか懐かしい味で甘かったな
ダンナは甘すぎて、私に飲めって(笑)
ラッキィ~
初めて食べるインドカレー美味しかったぁ!
それにアツアツのナンがモチモチして美味しかったよ!
もちろん、ダンナと半分こして、お変わりしたら・・・
DCF_0722.jpg
ジャ~ンこんなでっかいのがきたし(笑)
最初のよりデカイよ~
美味しく美味しくいただきました
量的にそんなに食べてないのに、ナンがお腹にたまったのか、晩御飯の時間になっても
全然お腹すかなくて(笑)
ミナ中々いいお店でした!
今度は近くの店に行くぞ~

そして今日。
ばあちゃんの23回忌でした。
実家に兄ちゃん、弟家族も来るので、ちょっとドキドキそわそわ・・・
なぜって?
弟の嫁さんが今3人目を妊娠中で8月が予定日だから、もうお腹も目だって来る頃だろうから。
年末に聞いて、お正月に会うのもドキドキソワソワで決意して実家に行ったのに、ツワリが酷くて来なくて、肩透かし(笑)
あと、結婚式ぶりに会う叔母さんにも「子供は?」って振られたらどうしようとか色々考えちゃって。
でも、でも、でも・・・
何事もなく過ごせました
よかった。
みんなでお昼食べた後、私は一足先に子猫のミルクやりがあるから帰ったけど、安心したのか、
ミルクやりのあとはソファでグーグー寝ちゃいました

そうそう。昨日は家でワイン久々に飲みました
398円の白ワインで満足な私は超安上がりだけど、久々のワイン超美味しかったぁ~
一人で半分以上飲んで、翌朝ちょっぴり頭が痛かった私です(笑)
さぁ明日からまた頑張るぞぉ~
涼の月命日&母の日
2009/05/10/ (日) | edit |
今日もものすごくいい天気で半袖で過ごしました
まるで夏です
ホットカーペットを干したり、猫の世話したり~とあっという間に夕方になっちゃいました。
先ほどピンポ~ンと鳴りクロネコさんが来ました
なんじゃらほい?と思ってたら・・・
IMG_0005_convert_20090510180148.jpgIMG_0011_convert_20090510180228.jpg
ミクシー友達花子っちから「いつも頑張ってるあむちんママに天国の涼くんと双子ちゃんからお花のお届けです」って
涙がまた出ちゃいました
もちろん嬉し泣きだよ
花子っちは母の日で贈ってくれたけど、今日は涼の月命日でもあって
ダブルで嬉しかったよぅ
ありがとう、本当にありがとう
花子っちは素敵なお花屋さんなんだけど、ココは福岡北九州
花子っちは新潟なんだよぉ~
新潟から2日もかけてお花を送ってくれて・・・
私心に誓いました
絶対今年中に新潟行くけんね
いつになるかわからんけど、待っててね~

そうそう、昨日はお義母さんから毎月の涼へのお花が届きました。
これまた季節柄カーネーションで天国の涼からお母さんへみたいな感じでとっても嬉しかったです
今こないだtomちんから双子ちゃんにと貰った黄色いバラやら・・・
本当涼たちの周りは花盛りです
IMG_0010_convert_20090510180313.jpg
そうそう、こないだ言ってた涼が亡くなった時に戴いた胡蝶蘭。
こんな感じになってます
IMG_0012_convert_20090510180339.jpg
毎日つぼみが一つずつ開いてます
元気がい~っぱい出てきちゃうよ、あむ母ちゃんは

ありがとう。本当にありがとう
本当に素敵な日でした
1週間後の受診
2009/05/09/ (土) | edit |
さて今日は手術から1週間・・・
受診してきました
11時半の予約だったので、午前中は仕事を休んで行ってきたのですが
午後の仕事初めが13時半なので危うく間に合わないかとものすごく焦りました
けど、結果ギリギリセーフででした
で、診察の方は・・・
内診して子宮の中はなぁ~んにも残ってませんでした。
当たり前なんだけどね。
先生は大きい子じゃなくて、小さい子の方が残ってないかを心配してたけど。
空っぽ・・・
何もなかったよ。
そんなことあり得ないんだけどさ、もしかして途中で行方不明になった
双子ちゃんの小さい子がどこかにひっそりいてくれたらいいのになぁって思ったりして。
ガリガリ子宮内ソウハしたんだから、そんなことありえないけどさ。
内診終わって先生に中は異常ないからねって言われて「そうだよね・・・」ってちょっとガックリしたオバカな私。
とりあえず、こないだ聞いたように3回リセットするまでは妊娠は禁止。
けど、普通の生活はしていいよ~って。
避妊すればいいってこと。
けど、しない気がする。なんか。
前もそうだったし。
あと基礎体温は放棄してること言ったら、全然構わないって。
妊娠できるようになってから測ればいいよって。
あと、やっと今日からお風呂に入れるようになりました。
あ、シャワーじゃなくて湯船に入ってです。
もう入ったけど、久々のお風呂気持ちよかったよ~
1週間ぶりに先生に会って、先生の第一声が「気晴らしにどっか行ったね?」やったけど、何か顔見ただけで涙が出そうになってしまったよ
相変わらず優しい先生でした
そして、6月中旬、遅くて下旬までにリセットしなかったら受診してねってことで今回のことは終わりました。
どっちにしろ、胞状奇胎の検診が7月あたまにあるので行って様子は話すんだけどね。
こないだ聞いた先生の妹さんの病院の話をまた聞いてたら、「この3ヶ月ぐらいのあいだに今後どうするのかとかゆっくり考えたらいいよ」って言ってくれました
今は焦らずゆっくり考えたいと思ってます。
そう、今は子猫ちゃんたちを育てるのが私の使命やし

水曜だったかお義母さんから毎月の涼へのお花のことでメールを貰ってたんだけど、いつものように「二人とも変りありませんか?」で始まっていて、さすがに変りありませんとは送れず。
事の次第を話しました。
「何も知らずに何も力になれなくてごめんね。気持ちはわからないでもないけど、あなたの体が心配です。無理しないでね」と返してくれました。
本当は10週になって母子手帳をもらったら10日の母の日に報告するつもりだったのに・・・
中々親孝行も出来ないな。
けど、子供はまだね?とか言ってくるような感じじゃないことだけでも
私にはありがたいことかな。
実家の母にも随分心配かけちゃったし。
けど、心配かければかけるほど、孫産んで喜ばせてあげたいなぁって
思ってしまうな・・・

はぁ。

とにかく、妊娠解禁となる日までバイク乗ったり、たくさん楽しいことして過ごしておこう!
今しか出来ないこといっぱいね

まだまだ諦めず頑張るばい、あむちんは
明日から仕事、連休最終日!
2009/05/06/ (水) | edit |
今日はとむちんが遊びに来てくれました。
猫大好きのとむちんは来てからずーーーーっと子猫と戯れてました(笑)
子猫のミルクやりも手伝ってくれてメロメロになってました
IMG_0003-1_convert_20090506185354.jpg←母の顔
いつでも、連れて帰っていいよ~と悪魔のささやきをしたけど
残念ながら今はアパートなので無理やったけど
一番大きい白黒のパンダちゃんはものすごいおてんばさんなのに、とむちんの前では猫をかぶっていた?ようでしばらくは大人しくって本当におかしかった。
けど、慣れてきたのか急に足にかぶりついたり、いたずらが全開になって大暴れ
部屋中を駆け巡って、そりゃあもう大騒ぎでした(笑)
すっかり借りてきた猫を脱皮した感じ
動きの早い子猫たちを一生懸命ケータイで撮ってたね
遊んであっという間に13時くらいになって、ランチへ行きました
ランチは先日オープンして行ったもり珈琲です
今日はパンランチの海老カツサンドをオーダー
DCF_0691.jpgDCF_0692.jpg
海老カツサンドとっても美味しかったぁ
このパンもとっても美味しかったです
そんでもって、前回えらい早くに来たコーヒー
今回もちょっとタイミング的に早く来たけど、食べるものが少ないからオッケーでした。
コーヒーもとっても美味しかったです
大満足
そして、帰りにケーキもタイクアウトし、家で子猫と戯れつつ、相変わらずノンカフェゴールドブレンドでおやつタイム
しばらくして、ダンナが仕事から帰ってきて、3人で子猫とじゃれてました。
とむちんは素敵なプレゼントをくれました
双子ちゃんにと大好きな黄色のバラ
DCF_0694.jpg
そして、帰り際に泣いちゃいそうなこのプレゼント・・・
DCF_0695.jpg
右は双子ちゃんで左は毛が生えてる涼くん。
その場では涙をこらえたけど、帰った後にダンナに見せてウルウ
今日来てくれたことだけでも嬉しかったのに、本当に本当にありがたいことです
とむちんありがとう
きっと、天国でみんなにっこりこんな顔で笑ってるんだろうね
本当にありがとう

そうそう
涼が亡くなった時に、ダンナの職場から貰った胡蝶蘭の鉢
去年は全然咲かなかったんだけど、今年はぐんぐん芽が出て、蕾もついてとうとう昨日花を咲かせました
DCF_0693.jpg
こどもの日に咲くなんていい感じ
諦めないでねお母さんって言ってるのかな。
何にしろ嬉しかった出来事でした。

いよいよ、明日からは仕事です。
いろいろ遠くにしまっておいた気持ちが押し寄せてきそうだけど
きっと大丈夫。
またガンガン働いてお金貯めて、その日が来たら頑張るぞ~

楽しい1日♪
2009/05/06/ (水) | edit |
今日は悲しいことばっかの日々だった私に、久々楽しい1日でした
絵文字も復活です
悲しくて辛いと絵文字も使わないんだよね。
そんな日ともサヨナラ
本当に今日は楽しかったとです
そう、今日は御木先生も参加のちゅちゅ庵の先生と一緒にお地蔵さんを粘土でこねこねして作るイベントがあったんです

このちゅちゅ庵さんってのが、これまた縁があるというか我が家のすぐ近所の方でした
今日初めて会ってお話して本当に「近い!」を実感したとこです(笑)
いちえの山下さんもご近所でビックリしたけれど、それ以上に近いんです
本当御木先生ファミリーと縁がある私です←勝手な思い込み
今日はゴールデンウィークと言うけれど、全然連休じゃないダンナも一緒に参加してくれました。
だけど、お仕事の呼び出しで1時間もしないうちに粘土を残して帰っちゃいました
けど、それまでに作った作品がコレです
DCF_0681.jpg
台座は後から私が作って載せたんだけどね(笑)
最初はずんぐりむっくりでお鼻は大きいし、変な顔とか言ってたけど
出来てみたら結構いい感じ
後でダンナに見せたら「傑作やん!」と言ってたわ(笑)
粘土は一人500グラムづつあったんやけど、ほぼ残した状態で行ったので
私は自分の分を作ってから、ダンナの粘土もせっせと作って、そりゃぁもうどんだけお地蔵さん作るん?ってくらいのお地蔵さんが出来上がりました(笑)
DCF_0678.jpgDCF_0685.jpg
本当は、双子ちゃんと涼くんを作れればいいやって感じで行ったんだけど、たくさん出来て大満足です
これを乾燥させて、その後釜焼きするそうです
出来上がりは素焼きの鉢のような色になるのかな。
楽しみです。
時間が合えば、焼き入れの時か焼き出しの時にちゅちゅ庵さんへ行って
見る事も出来そうで、これまた嬉しい限り
う~んご近所さんでよかった
時間も、本当は10時から12時くらいの予定だったのに、昼からも居座って1日中やってた私です(笑)
しかも、お昼ごはんまでご馳走になってしまいました
しかも、久々に食べる東筑軒のかしわめし弁当!それも豪華なヤツ[m:66]
嬉しかったなぁ~
御木先生をはじめいちえさん、ちゅちゅ庵さん、写真のFさん、ちゅちゅ庵さんのお母さん・・・みんなあったかくて素敵な人たちばかり
泣いてばかりの数日を送った私には、素敵な1日でした
今日またポストカードの新作をたくさん見せた貰ったので、またたくさん買ってしまいました
その一枚
IMG_0022_convert_20090506003738.jpg
これの裏にこんな素敵な言葉をいただきました
IMG_0023_convert_20090506003857.jpg
先生に「涼くん双子ちゃんありがとう」ってのだけリクエストしたんだけど、後は先生がスラスラと書いてくださいました
見た瞬間泣いたのは言うまでもありません
なんて素敵な言葉なんでしょう
そんな先生がまた大好きになりました
そんな先生ですが、今日は意外な一面?も見てしまいました(笑)
よっぽどお疲れなのか?はたまた、ただ眠かっただけなのか?
隣で大いびきをかいてました(笑)
一同大爆笑でしたよ
けど、そんなとこがまたいい味だしてるのかもしれないなぁ
決してイメージが崩れたとかじゃなくて、そんな先生も大好きです(笑)

あ~楽しかった
楽しいことは、本当あっと言う間に過ぎちゃうなぁ・・・
休みもあと1日。
明日はお掃除して、また木曜から仕事復帰で頑張らなくちゃだ!
みんなにいっぱい心配かけたけど、私はこの通り結構元気です
そりゃぁ、時折スイッチ入って泣いちゃうこともあるけど、もう前を向いてるつもり。
子猫たちの世話もあるし、ぼーっとしてる間はないよ~
DCF_0661.jpgDCF_0662.jpg
DCF_0670.jpgDCF_0669.jpg





突然の別れ・・・
2009/05/02/ (土) | edit |
みなさま少しの間、ご無沙汰してました。
私、この数日でたくさん泣きました。
赤ちゃんが天国へ旅立ってしまいました。
28日火曜日1週間後の受診の日でした。
仕事が終わって、妊婦の診察は時間内なんだけれど、特別時間外にしてもらいました。
18時にメールで予約していたのに、17時に病院から電話があって「当直の先生の都合で18時半になります」と。
当直の先生の名前を聞いたら、Sと言われた。
この医者判定日にものすごく事務的でとても嫌な感じがしたヤツで。
何かちょっと嫌な感じがした。
その予感が当たってしまったわけではないだろうけれど、内診が始まってとても長い時間沈黙が流れた。
医者何も発さずエコーを診る。
私もじっと見てた。
先週初めて見たパクパクの心拍が見えなかった。
医者が言った「心拍がないですね。残念ですが。先週より随分大きくなっているので2,3日前といった感じでしょうね。向こうで話しましょう」
頭が真っ白になった。何が起こったのか。
こいつまた私に嫌なこと言うのか?
仕事帰りだし、モチロン一人で来てた。
はっと我に返り、ダンナにメールしてた。
院内は電波状況が悪くて、繋がるところまで行って。
確か「病院これる?心拍がない」こんな感じ。
そうしてる間に、診察室に呼ばれた。
涙がこみ上げてきた。
言われたことはさっきと同じだけれど、この医者のひどいところは
カルテを見ながら「前回もダメで今回もこんなんで、運がないというかツキがないねぇ。1週間以内に中をきれいに手術で取り除かないと」と一人の私に言い放った。
その後、ダンナがすぐ駆けつけてくれた。
涙が止まらなかった。
手術のことを話した。絶対ここではしたくない。セ○トでは嫌だと訴えた。
そして、一緒にまたあの医者の説明を受けた。
ダンナが手術はかかりつけの病院でもいいかと尋ねた。
すると、それは構わないがどこかを聞いてきたので「産医大です」と答えると「大学病院は連休に入るし多分無理だと思いますよ、してくれるなら構いませんが」と言い放ち、その場を去った。
ダンナにもう時間外だけど産医大に電話してもらった。中々話が通じず、ようやく私が胞状奇胎で産医大にかかっていることなどを説明して休み明けの30日の朝に来院してからと言うことになった。
その電話をしている最中に関係ないのに、院長が来て、ものすごく高圧的な態度で「前のこととか心配してるんだろうけど胞状奇胎は関係ないよ、大学病院は休みに入るからしてくれんよ。他の病院もどこも多分してくれんよ。してくれるならいいけど」と言い放ち去って行った。
この態度をとられて絶対にここではしない、ここでしたら殺されるんじゃないかとまで思ってしまった。
医者の態度、看護師や多くいる看護助手の態度を見ててもここでの手術なんて恐ろしくて絶対嫌だ。冗談抜きで恐怖だった。
手術は決まってないけれど産医大と話がついたので病院を後にした。
セ○トからは「他で手術が決まったら知らせてください」とだけ言われて。
帰りは、お互いの車があった。ダンナが明日また取りにこればいいから1台で帰ろうと言ってくれたけど、もうしばらく近寄りたくないから、ほんの少しだけ残った気力で自分で運転して帰った。
事故してもおかしくない状態だったろうけど。

その日、翌日たくさん泣いた。
この1年涼のことを悲しんでいたあの頃にも劣らないくらい泣いた。
悲しみに度合いが少し違う。
だって、一度諦めた命だったのに、奇跡的に陽性が出てものすごく喜んだ出来事はほんのまた数週間前なんだよ。
それがこうしてまたどん底へ突き落とされた。
どうして私がこんな思いを何度もしなくてはならないんだろう。
29日はダンナが仕事でいなかった。でも、子猫たちの世話があるから寝たきりなわけにも行かず、ある意味自分が保ててた。
このタイミングで来た子猫たちも何かの意味なんだろうか?
夜職場の人に電話して30日1日と有休にしてもらった。

30日の7時半電話で目が覚めた。慌てて出ると大好きな産医大の先生からだった。
「大丈夫?先生診てみらんと何とも言えんけ、とりあえず絶飲食でおいで」
病院へ行きしばらく待つと呼ばれた。今日は先生の担当外来の日ではなかったので予備室みたいなとこで話した。
「まずは先生診てからね、それでダメなら今日ケリ(手術)つけよう」そう先生は言って肩をポンポンとたたいてくれた。
内診が始まった。先生は衝撃的なことを言った「双子?双子っち言われんやった?何個戻したと?」
モチロン正直に3個と言った。それについては「違反だよ。先生はそういうの認めてないよ。何かあったら全部自分になるんだよ」それ以上はもう言わなかった。
でも、双子の事実は変らなかった。初耳。先生がエコーですぐにとらえた写真。
090430.jpg
大きいのが今までずっと見せられてた赤ちゃん。
その隣にヒョッコリもう一人。
090430-1.jpg090430-2.jpg
大きさが随分違うけれど、見逃すはずはない。
隣り合わせにエコーで写してくれた。
090430-3.jpg

もちろん、まだ小さくて心拍があるかどうかの段階ではなかったから、これが今後どうなるかはわからなかった。
ただ先生は、このまま1週間ぐらい様子を見たら万が一小さい方が育つ可能性もあるけど、それは奇跡的な確率。奇跡的に育ってくれれば、もう一人の子はそのままにしておいても自然と消えてくれるらしいけれど。
逆にダメだった場合を考えると心拍の止まってしまった大きい子をこのままにしているほうが出血に繋がって母体が危ないと言われた。
一瞬の奇跡に掛けたかったけれど、それは無茶と言うもので、現実的には無理だと感じた。
先生は考える時間を少しくれた。悲しいけれどダメだって思っていた。
そのまま、子宮を広げる痛い痛い処置があった。
名前は違ったけど、よく聞くラミナリアと同じ感じの棒を2本入れられた。あとは4,5時間それが広がって入り口が広がるのを待つだけ。
採血、心電図、レントゲンとそれが入ったままの状態で回り、日帰りだけど病棟で休むために入院手続き。
こんな形で来たくはなかったけど、久しぶりの病棟。水分補給の点滴も始まった。本当は出産間近に来るはずだった場所。
14時過ぎに看護師さんが来て、14時半くらいから始めるからねと術衣に着替えた。
この病院のオペ室は3階にあるんだけど、今回はそこには降りずに分娩室の隣の準備室でのオペとなった。
準備室と言えども、ちゃんと設備は整っていた。台に乗り左手に血圧計を巻き左手は引き続き点滴と指のモニターをはめた。
消毒が始まり、まもなく麻酔が点滴から入りボーっとした。
次に気がついたら、手術は終わったようだけど、足が抱えられたり、周りが慌しい雰囲気。かすかに血圧60の20って聞こえた。
後から担当の看護師さんに聞いたら、一時血圧が上が60で下が20まで下がって足が持ち上げられたらしい。
普段の血圧は100ちょっとくらいだけど、帰るときまで100は切ってた。
午後18時過ぎに急にトイレに行きたくなって看護師さんを呼んで何とか自力で歩いて行った。
その後、約束どおり19時過ぎに診察をした。
痛かったけど、子宮の中には何にも残ってなかった。
大きい子も小さい子も。
先生が説明してくれた。「大きい方は確実にエコー診ながら取ったけいいけど、小さい方が途中で行方不明になったけど、中にはもうなにもないから大丈夫」
いつもどおり優しく話してくれた。けど、悲しい。
もう何にも無くなっちゃった。
診察室を出て、先生とダンナと3人で話をした。
これからリセット3回済むまでは妊娠はダメ。中はガタガタだから何をしても無理ということ。お風呂も8日の診察までシャワーのみ。
けど、しばらくは治療的なことは考えられないし。
これからどうするのかも今はまだ無理。
だから、先生の「この3ヶ月は今しか出来んことをいっぱいして楽しみ!
自分にいっぱいご褒美あげり!こんなん頑張ったんやけね」
途中で見に来てくれた母が「もうセ○トには行きなさんな。信用が出来んよ。恐ろしい」と言われたことを話すと、先生の36歳の妹さんも不妊治療してて最近流産したことを話してくれて、遠くても他に病院はあるから!」と教えてくれた。
まだ、これからどうするのか、まったくわからない。
でも、28日に絶望の淵に追いやられた時はもうダメだって思ったけど、ここで優しい先生や看護師さんに勇気付けられて、もう少し諦めずに頑張れるかもって思った。
胞状奇胎で外来に行ってる時にいた看護師さんが病棟に異動してて、担当じゃないのに何度も見に来てくれた。
「前もあんなことになって、続けてこんなことになって辛かったね。でも、きっとこれも何か意味のあることなんだろうね。まだ大丈夫!諦めちゃいけんよ」とっても優しいあったかい言葉だった。
涙もたくさんでた。
でも、今は泣いて、たくさん泣いて、次に進まなくちゃ。
コミュでもやっと報告出来たばっかだったのに。
でも、進まなきゃ。
だいぶん、元気を取り戻せました。夜中々眠れなかったりするけど。
赤ちゃんがいたときは、あんなに夜中にトイレに行ってたのが嘘のように尿意もなくなって淋しいけれど。
夕べはダンナが当直で夜一人で本当に眠れなかった。
でも、朝が来て、子猫の世話をして、時間がどんどん過ぎてる。

最初は、赤ちゃんが出来たのに、猫なんか連れてきて、だから赤ちゃんが悲しんで死んでしまったんだって真剣に思ってた。
でも今は、多分赤ちゃんが天国へ旅立ったと思われる頃に子猫がやって来た。その事はきっと偶然じゃないんだろうなぁって。
だから、今目の前にいるこの子猫ちゃんたちを頑張って育ててあげなくちゃ。
この子達がいなかったら、本当毎日毎日6日までの休みをどうして過ごせただろう。

「心願成就 あきらめない まっすぐ まっすぐ」
5月5日こどもの日。大好きな御木先生と少人数でお地蔵さんを作る会にダンナと参加することにしてたんだけど、仲良く並ぶ双子のお地蔵さんを作ることに心はもう決まっています。
唯一この連休でのイベントです。
何だかこれも不思議なめぐり合わせ。

みんなに言えてなんかスッキリしたよ。
読んでくれてありがとう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。